お墓霊園情報エリア上部

HOME  »  お墓の豆知識  »  墓相とは

お墓の豆知識

墓相とは

手相・人相・家相などと同じように、お墓にも墓相があるという考え方のことです。

お墓を建てる時期や位置、向き、墓石の形、石質、石の色など、あらゆる角度から吉凶を占うのが墓相学です。

信じるかどうかは人それぞれですが、「高額の鑑定料や祈祷料を要求された」というトラブルもあるようですから、あまり惑わされすぎないようにしましょう。

墓相の起源

墓相学は、中国で発達した風水の思想が起源だという説と、墓相学から発展したのが風水だという説があります。

どちらにしても、古代の中国では、日当たりや風向きなど、土地の環境を重視してお墓を建てていたようです。

現代の墓相学でも、日当たりが良く、適度な大きさ持ち、手入れが行き届いたお墓が良いお墓で、高台にあるお墓や日当たりや水はけが悪く、手入れの行き届いていないお墓は不吉だとされています。

ただ、そういう善し悪しは、常識的なことですから、墓相で判断するまでもないかもしれません。

仏教と墓相

仏教の経典においては、「墓相」について一言も触れられていません。

良いお墓は家が栄える、悪いお墓は災いが起こるといった教えも仏教にはなく、墓相では色でも吉凶を判断しますが、仏教ではどの色も大切だと考えられています。

つまり、墓相は仏教とは一切関係がないものなのです。

お墓霊園情報エリア下部