お墓霊園情報エリア上部

HOME  »  お墓の豆知識  »  お墓参りについて

お墓の豆知識

お墓参りについて

お墓が遠方にあったり、多忙でなかなかお墓参りができない人は多いことでしょう。

先祖を偲び、先祖を供養する気持ちが大切ですから、お墓参りができないことを気にやむ必要はありません。

お墓参りをする時期には、とくに決まりはありませんから、お盆やお彼岸だけに限らず、時間を見つけていつでも気軽にお参りしましょう。

ここでは、ぜひ知っておきたい一般的な常識をご紹介します。

お墓参りの仕方

お墓参りには、特別な決まり事や作法などはありません。お墓参りの時期も自由ですが、春と秋の彼岸、祥月命日、お盆、お正月などが一般的です。

通常は、まず墓石を掃除して、線香や花、お供え物などを添えます。菓子や果物などのお供えをする場合は、墓石が汚れないように、器か半紙などにのせて供えましょう。

そして、墓石に水をかけた後、お墓に向かって手を合わせてお参りします。人数が複数の場合は、血縁の深い順に行うのが一般的です。

お参りが終わったら、食べ物や飲み物をお供えした場合は、そのままにしておくとカラスなどのエサになってお墓が汚れてしまいますから、必ず片づけて持ち帰りましょう。

また、お墓参りの前には、霊園の場合は管理事務所を訪ねてご挨拶しましょう。

寺院墓地の場合は、お寺の本堂に行き、ご本尊様のお参りをし、僧侶にご挨拶をします。

お参りが終わった後も、ご挨拶をしてから帰りましょう。

お墓霊園情報エリア下部